2018年04月01日

MFクラウド経費の無限課金の解明

個人事業主として経費精算から青色申告までの処理を

マネーフォワードのMFクラウドを利用していた。

個人事業主から会社員になって、これらの利用をやめようと思ったが、

経費データの保存の義務とやらで、データは取っておかなくてはならず、

サービスの契約は継続したまま、無料プランにする手はずと取ったが、

なぜか毎月324円と864円の引き落としが続いていた。

824円側はMFクラウド確定申告の解約ミスと、引き落としが止まるまで時差がある(ここも納得いかないが)

ということで解決したが、困ったことに324円の正体がわからない

わかっているのはマネーフォワードからの引き落としということで、あとは何もわからず、

仕方なく利用カードを解約したが、ここで第二の罠が発動する。

楽天デビットカードは解約しても、解約前に設定していた月額利用料などは

そのサービス自体が解約がされない限り、引き続き引き落としがされる。

つまりここにきて、この324円を解決しなければ、口座の解約をする必要まで出てきた。。

口座の解約が難しかったため、正体不明の324円が何のサービスの引き落としなのか、

引き落とし元のマネーフォワードに問い合わせを入れようとしたが、ここでさらなる罠が。。

問い合わせ先がどんなに探しても出てこない。。

ようやく見つけた問い合わせフォームだったかメールアドレスに連絡を入れるも音沙汰なし。
#電話番号的なものは発見できなかった。

仕方なくネットで、「マネーフォワード 324円」で調べるも、何も情報が出てこない。

ここでハッと思い、24円は消費税なのではと、検索ワードを324から300に変更すると・・・

見つけた

MFクラウドのパーソナルプラン

選んだ覚えがないだけに、ここまで来るのにかなりの時間がかかった。

ただしかし、プラン変更のやり方がわからない。

そこでさらに調べると、

「事業所設定」→「プラン設定」へと進んでいただき、下記画面の「フリープランに変更」

とあった。なんて深いとこに隠されているんだ。。

一応設定はしたので、これで来月から引き落としはなくなる想定だが、

また時間差なんちゃらというのが発動されて、結局は2〜3ヶ月は様子見となりそう。

マネーフォワード、MFクラウド経費、MFクラウド確定申告などを利用する際は、

毎月の引き落とし(月額利用料)などには注意頂きたい。

引き落とし名が一律でマネーフォワードとなってしまうところや

いざという時の問い合わせ先がなかったりするから。


posted by DJ:SiR at 03:36| Comment(0) | アプリ・ソフト・サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

OSを国産すべき理由


ここ最近、WindowsPCを平常的に利用するようになって、
突然のアップデートや原因不明の激重状態に悩まされることがある。


030.jpg

いろいろ調べると、アップデートが掛かるたびに何かしらの設定追加や
設定変更がされていたりで、毎度これを調べるのに時間がかかる。

その中でも最も気になるのが、「予期せぬデータ送信」。
どこに何を送っているのか不安しかないWindows10に仕込まれた送信プログラム。

Bingにデータを送っている(※)のは公然の事実しても
どうもそれとは思えない送信が行われていたりする。
※設定で解除可能

タスクマネージャーのパフォーマンスにあるイーサネットで送受信の状態が見れるのだが、
受信は良いとしても、頻繁に繰り返される送信が何なのかが気になってしょうがない。

プロセスから送信していそうなタスクを終了し、
送受信がないことを確認したのち、クライアント側でのネットワーク監視ソフトと
ハブ兼ルータ機器サイドでの簡易監視のソフトで見てみると、
何か送られている。。

精密な機器やソフトを使わないことにはパケットの中まではわからず、
送信先も曖昧であるが、何かしらの情報を送っている。。

もちろんタスクマネージャーのイーサネットは微動だにしていない。
要はOS側で何かを隠蔽しているんじゃないかという疑惑。

もう少し時間を使って調べれば細かなことはわかるだろうけど、
まぁ手っ取り早い話が、国外OSなんて何をされているのかなんてわからんってことで、
OSなんて類のものこそ、日本で作るべきなんじゃないかと常日頃思うわけで。
だってどのOSもサービスが行き届いているとは言えないでしょ。

昔は技術的にはアメリカ某国から3年の遅れがあるなんて言われてたけど、
今やそんな感じはないし、期待せざるにはいられない。
特にAndroidOSなんていうモバイル版のOSの開発に期待したい。
ラベル:Linux Windows Mac OS
posted by DJ:SiR at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Work | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

プログラム言語


プログラマーに新しい言語での開発を依頼していたマネージャーが
「言語変わっても大丈夫だよね?」と言っていたのを聞いて
そういう人たちにアドバイスしたい。

言語が変わるってことは、
「あなたは明日から日本語ではなく、フランス語で会話して」
と言われてるようなもので、
そんなこと明日からいきなりはできない。

少し知識のあるマネージャーは
構造的には同じだとか、ある程度規則的なものは同じだから
作法だけ理解すればいけるとか

だとしたらフランス語だろうが英語だろうが
名詞、動詞なんてのは同じで、文法(作法)だけ理解すればいけるということ。

例えば短い勉強時間を与えたとしても
「私はペンを持っている」
「i have a pen」
「おぉ、話せるね、英語で商談いってきて」
が出来るのかと。

「ちょっとこれくらいはすぐに直せるよね?」
すぐに直せるとしても、その技術やノウハウには膨大な時間を費やされている
努力と勉強の賜物なんだ
ってことを忘れたらいかんよ。

このITの世界は非情なまでに理不尽だと思う。
posted by DJ:SiR at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

端末性能


どう考えても納得がいかないんだけど、
Android端末が搭載するCPU(snapdragon)はクアッドの2GHz以上でメモリが2G、
対してiOS(iPhone)が搭載するA8なんてデュアルの1.4GHz程度でメモリなんて半分の1G。
これを同じアプリ(通信なし)でベンチマークを取ると、圧倒的にiOS側が有利な数値が出る。

実質、自分たちが作成したアプリも体感として同じ結果と言える。

これで通信が絡むとさらに差は大きくなる。
通信速度のみを計測すると、全く同条件ではAndroidのほうが速い(という表現があってはいないけど)という、
いかんせん信じられないような結果が出る。

GPU自体は違えど、公表値としてはほぼ同性能。
何がこんなにも大きな差を生んでいるんだと考えると
やはりOSに依存するところが大きいのか??

見方を変えると、ゲームエンジン自体がOS別で優位に作られているとも考えられるのか。。?
メモリの開放も、実装自体は両OSほぼ同じなのに、そのタイミングや効果?も明らかにAndroidは劣っているように感じられる。

うーん、わからん。調べれば調べるほど謎が深まる。。
どこかの施設でも借りて徹底的に追及したい欲求が。。


posted by DJ:SiR at 09:27| Comment(0) | アプリ・ソフト・サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

ここでの初投稿

引っ越し完了、初投稿
どこがどう違うのかわからないけど
ぼちぼちやってきます。

まずはサイドバーなどの表示部分をもとに戻していかないと。。



posted by DJ:SiR at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。