2008年09月28日

BG5 EJ20は入院しますた

何度目かの入院

レガシーのCheckEngineランプが激しく点灯するので

仕方無しに再度ディーラーへ行ってCPUのメモリを調査

まぁ多分エアフロ交換したときに取り付けられなかった

ノッキングセンサーだろうなぁとは思ってたけど案の定だった。。

CheckEngineランプが灯って走行や回転数に特に問題がなければこっちのセンサーで

回転数に問題が出るようであればエアフロだと思ってほぼ間違いない

パーツは既に手に入れてるのでそれの交換作業と

最近、超低速走行時にドライブシャフトあたりで「キィィィ〜〜〜」っという異音がする

のと

駐車場の路面に付着するオイルのようなものが不安になったので

駆動系のオイル交換と上記の検査を依頼した

駆動系のオイル交換がセットになってて1万前後

これは安いよ、ジェームスとかでやんなくてよかった


以前からオイルのにじみは確認してたのでまぁ仕方ないけど

ブーツの交換とか全体的なオーバーフォール関係はどうしようか迷い中

ここからさらに費用をかけるより、その費用を貯蓄して

新車購入したほうが良いかもなぁ と


EXIGAを見る

見た目完全にレガシーだけど何が違うんだろう??

内容量?積載量?車重??

展示は2.0のGT、水平対向のEJ20エンジン。。まんまレガシーだろこれ。。

インタークーラーのターボ車だけどシングルタービンだったら

ツインターボだったレガシーより見劣りするんじゃないかなぁ

このご時世に強気の無鉛プレミアムってのは嫌いじゃないw


posted by DJ:SiR at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。