2011年06月14日

スマートフォンプラットフォームという概念


昨今スマートフォンアプリに搭載される

プラットフォームというのがにわかに色めきだっている

それはOpenfeintやPankiaに代表されるアチーブメント(解放型ラベル)や

リーダーボード(ランキング)等々の機能を持った組み込み型SDKの総称



ちなみにiPhone(iOS)ではGC(GameCenter)という無料のプラットフォーム提供されている

機能はその他のものとほぼ互角で若干見劣りする程度

#デザイン的にはまったくいけていない

これが次回のアップデート(iOS5?)で大幅に改修され「若干見劣り」していた部分が

他と遜色ない程度まで改変される

#デザイン的にはまったくいけていないまま


その他のプラットフォームとGCとで何が違うかというと

「有料(アセット販売含む)」or「無料」

だけである

だけであるにも関わらずこれが非常に大きいことになっている

同じものを導入するのにわざわざ有料のものを入れるアホォはそうそういない

むしろ、標準で搭載されていて尚且つ安定稼働が保障されているほうを取るのが定石


実際にプラットフォームビジネスを行っている企業で「儲けている」という話は聞かない

なぜならば既に「無料」展開されている市場に乗り込むためにはそれなりの販売リスクがあり

#「ビジネス」をやっていくには相当難しい市場(要はキャッシュフローの仕組みづくり)

かつ、SDKという運用費用(メンテナンスフィー)が膨大にかかる上、

サーバ等々を重ね合わせていけばその費用は倍々ゲームである

実際問題、iPhoneはまだいいとしてもAndroidの各端末の豊富さや次期への発展速度

その他OSなんかを考えると震えが止まらない


この中で戦っていくとすれば、一つの勝算としては

「明確な差別化」

にあるとみている

差別化は特化されたカテゴリでは抜群の普及率を持つことができ

メンテナンスに関してもピンポイントに絞れるので幅が狭まる



このただでさえ少ない市場(今現在)でさらにカテゴライズしていくことに

いったい何の意味があるのかまったくわからない

むしろそれは「逃げ」にしか感じられないくらいである


結論を言えば「プラットフォームビジネスには(まだ)手を出すな」

ということになってしまう

それに追い打ちをかけるようなiOSのアップデート

各社がどんな施策に出てくるのか今後の市場から目が離せない






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック