2011年06月17日

カイブツ VS 源平


分からない人はまったくわからないであろうアプリの話し

今をトキメク、アプリ内課金 For iOS


ダウンロード課金&アプリ内広告でのビジネスがもう無理だろうと各社わかってきた今日この頃

落としどころとして

無料DL+アプリ内課金

に次なる道を見出そうとしている


無料DLでユーザ側のDLハードルを一気に下げ

アプリ内課金で課金への誘惑をかける

この課金方式は不思議なくらいの差が出る傾向にあって

 ◆課金しない人はまったくしない

 ◆課金する人はめっちゃする

のような感じになる

ロングテールのような部分がまったくないわけではないが

非常なまでの偏りは注目する必要がある

どうしてだろう?


実際に現在トップセールスの上位に位置する

カイブツクロニクル と 源平対戦絵巻+

というのを試してみるとそれがすぐに理解できる

まず「まったくしない人」は置いといて「めっちゃする人」を


前提として他プレイヤー(他人)としっかりとつながっている(ソーシャル)こと

それは通信(ネットワーク or ブルートゥース)という理念が

争いを誘発させ、課金側に絶対なる優位性を持たせるような作りになっている

課金をすれば圧倒的なリーチが生まれる(しかも恐ろしいほどの短時間で)

結論から言えば「アイテムを買う」という認識より

時間を買う」といったほうがあきらかにマッチングする

時間をかけてコツコツ積み上げればそこにいけないこともないが

時間+運 か 少量の出費(出金)ならば 普通の大人ならばどう考えても後者を取る

しかも悪魔のカード決済(チューンなカード含む) m9( ゚Д゚) ドーン!

これが「カネ」を使っている感覚を麻痺させる ((´д`)) ブルブル…


そして人間の悲しき特性が働き

課金をしないならばしないままいけるが

一度するともうタガが外れ、それが当たり前かのように課金していく

一度味わった快感(優越感)は忘れられず、また得ようとする欲求

ギャンブルで大勝をすると、それを上回る負けがかさんでも気にならなくなる悲しい性(サガ)

また、課金のハードルをさらに下げる為に

広告をクリックさせポイントを付与し

そのポイントをアイテム購入に反転できる仕組みすら組み込んでいる

無料で課金の優位性を体感できる

広告費用は入るわ、課金も増えるわで、もうデベロッパーはウハウハ


今後はこういったモデルと月額課金がメインのビジネスになってくるだろうが

どちらにせよ永続的に課金させるためにそれ相当のメンテナンスは必要になる

そのメンテナンス費用を超えた収入が生まれた時

ビジネスモデルの成功となる




ここが大きなポイントで、メンテナンスが必要ないモデルというのが存在する

さらにデペロッパーが得をするモデル

それは次回で







この記事へのコメント
ご無沙汰です。
連絡ちょうだい。
Posted by iwasa at 2011年07月16日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック