2010年08月05日

ひき逃げ犯と呼ばれて その1


7月某日(日曜)

買い物から帰ってくると留守電が入っている

再生をしてみると警察署からで「ひき逃げ容疑」がなんちゃらとかで

すぐに出頭しろとのこと

まったく身に覚えが無いが仕方なし警察署へ行く

そこにはその「被害者」と名乗る男女がいる

相手は白のビッグスクーター

この車で間違えないということで「ろくすっぽ」確認をすることもなく

完全に犯人扱いだ


それもそのはず、バイクにも車にもまったく外傷はない

あるのはそのバイクに同乗していた女性の「サンダル」についた汚れだけ


事のあらましはこうだ

1.被害者のバイクと自分の運転する車が(バイクからやや後方に位置する状態にて)交差点で信号待ちをしていた
2.信号が青に変わったタイミングで車が先に発進した
3.発進した車が停車している(まだ発進していない)バイクに急接近してきた
4.そのときにバイクの後ろに乗る女性の「足」に車の車体の一部が接触した
5.次の信号まで車を追いかけ、そのことを告げたが車は走り去った
6.警察に連絡を入れ、病院に行った


もちろん現場検証をしたが、そんな事故に覚えはないので

その現場でなにがあったのかまったく思い出せない

ましてや「現場」がほんとにそこだったのかなんてわかるはずもない

そして一番問題視しなくてはいけない「そのことを告げた」の部分

正確には次の信号(現場からは結構離れている)で止まった車の横に並び事情を話した

ということだが、実際は横で何かをこちらに話しかけていたので

車の窓を開けたが声が小さくて聞こえなかった

すでに信号は青になっていた為、後ろの車にクラクションを鳴らされ発進

追いかけてくる気配も無かった為、何が起こっていたのか皆目、検討もついていないまま進んでいった

これを「逃げた」と主張されている


相手の主張はその部分に集中していて

「チャンスをやったのに無視した」

というところに相当腹を立てているらしい

「チャンスをやった」

このフレーズにこちらの怒りの限界も突破していた


この時点でおかしなところがいくつもあった

1.両車体に傷がまったくないこと
2.停車状態から発進への移行が車のほうが早いこと
3.停車状態から隣にぶつけるとしたらどれだけハンドルを切る必要があるのか?ということ
4.交差点には自転車や歩行者が多数いたはずなのにバイクの運転手はいなかったと証言していること
5.「逃げた」速度だったのか?は両者ともにNO
6.「そのことを告げた」は相手に伝わっていたか?は両者ともNO

とりあえず1日目はこれで一旦終了となった
(これが長い長い戦いの幕開けになるなんてこのときは予想もしていなかった)



人間の記憶は不思議なもので

一度冷静になって記憶の奥底を探るといろいろと鮮明にその現場を思い出してくる

そしてその記憶を元に事実関係の相違を警察に再度話しにいくことになるのだが

これが恐ろしくやっかいで被害者の証言とかなり相違が出る

(長くなるので)次回へ続く・・・


posted by DJ:SiR at 02:13| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

やばいwww

めちゃめちゃおもしろい

http://www.jra-jwc.jp/


結構あたるもんだ

だけどまったくうれしくないww
posted by DJ:SiR at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

稼げるプログラマーとは


極論、技術者はコストセンターとなるのが主なんだけど

会社によってはこの技術部隊に売上をつけるところがある

専任の営業メンバーがいるのであればそれも可能だろうけど

ほんとどの場合そうではない、そうでない場合

最悪、営業は売り上げ目標は達成したが、案件に偏りがあり

技術部隊は赤字になるなんてことも珍しくない


じゃあ技術は稼げないのか?ほんとにコストセンターなのか?

ってところになるけど実はそうではないと考えている

ではプログラマーを例に取って、技術屋が技術で稼ぐにはを説く


これは設計段階から「仕込み」が必要になるんだけど

相手の運用や仕組みをよく理解し、将来性のある機能を積み込む

このときに完全版を搭載するのではなく、「サワリ」の機能だけ実装しておく

人間は無ければ使わないが、あると使ってしまう

その機能が便利であればあるほど、あくなき欲求が出てくる

もうちょっとこうならないだろうか?とか、もう少し利便性をとか

で次が定例会の極意

人は不満に思っていてもそれを吐き出す場がなければ

そのまま溜め込むのが常

だから吐き出す場を常に用意しておく、それが定例会になる

この会は何かを議論するものではなく、完全に聞き手に回るようにする

定期的に実施することにも意味があり、人はそのときに文句が言えると思っていると

言わんでいいことも口にするようになる、もちろん慣れてくればくるほど些細な不満は出やすくなる

そして思考回路が必然にパブロフ化してくる


使う⇒欲求⇒積もる⇒会議⇒吐き出す




さぁ吐き出された後に何がまっているかというと


カスタマイズ (゚∀゚)キタコレ!!


となるわけだ

この仕掛けをSEないしPGが意図的にやるわけだ

「事」は容易ではなく高度、難易度は激高だ、精神的にも結構くるだろう

ただ出来ないことはない

いままで自分はこれを実践してきたし、今も効果や成果を十二分に出している

定期開催も含めるとそれなりのコストも掛かってくるように思われるが、

通常の営業の活動コスト(案件獲得まで)を考えても十分に費用対効果では勝る

技術者は単体では稼げないと思われがちだけどそんなことはない

これが「技術営業」という自分が考える(新しい)分野だ

これを技術が技術で稼いでいく為の一つの策略だと考えている


どうしても技術者は受身になりがちなんだけど

こういった「攻め」もあることを理解してほしい

営業的な攻め方ではないので表面化しずらいし評価は難しいだろうけど

確実に成果は出せるので期待してもらって構わない

まぁどうやればそういう技術が身に付くのかとかは、ようはコツなので

経験」と「」としか言いようがないんだけど

概念だけでもまずは理解してほしい

次のステージを狙っている人は是非にマスターしてほしいものだ






posted by DJ:SiR at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

時間と成長と・・・


最近友達の子供や兄弟の子供と接する機会が多く

子供の成長につくづく驚かされる

日々新たな発見をし、日々変化し続け、成長する彼ら(彼女ら)

極端に言えば、1分、1秒で成長していっているような気さえする

そんなのを目の当たりにしていると

自分の日々が異常にむなしくなってくる

ただ毎日を淡々と過ごしているだけというか、成長のない日々に


大人になると日々の変化というものがそれほど重視されず

中長期的な結果が求められる

が故に

「長い目」という考えになっていき「日々」というのが捨てられる

ような気がしてならない


一瞬一瞬を大切になれるようにするにはそういった必然が必要なんだろうと思った


いくら結果を出し、評価を受け、それが身に余るほどであっても

この虚しさからは開放されない

そしてそれは知らず知らずのうちに精神の揺らぎをもたらす

ここに気がつかない人はきっとなぜにそんなこと(揺らぎ)になっているのか

自分でもわからないだろう

人が家庭を持って、家族を形成していくのがどれほどの意味を持っているのか

なんとなくわかってきた今日この頃

動物はそういう風につくられているんだろうなぁ

いろんな意味で進化する必要があるのかもしれない






posted by DJ:SiR at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする